スポンサーリンク

083 水草水槽のリセット手順を振り返る

スポンサーリンク
メンテナンス方法
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

水草レイアウト水槽のリセットを振り返りました。魚とエビは最初に捕獲、使える草は再利用、ソイルは廃棄です。

 

こんばんは!Lingです。AppleからiPhone6が発表されましたね!私もiPhone4Sを2年半ほど使用してきたのですが、そろそろ通信速度の問題や本体の性能に不満が出てきました。最近のLTEなどと比べると、3G回線ではかなり非力だということ。iOSが重くなり、動きにタイムラグが出始めたこと。以上の理由から、iPhone6Plusに買い替えを予定しています。あと、キャリアはauにしようと。新しく搭載される技術はどうもauが先行しているみたいなので。この辺り、情報工学を専門とする者としてこだわっていきたいです( ー`дー´)キリッ

 

さて、今日は以前の記事の続きで石組みレイアウト水槽のリセットの話です。前の記事が思考段階だとしたら、今回は実践編です(笑) 具体的なリセットの手順を振り返りました。

 

事前に魚を移動後、素材を移動

 

今回は石組みレイアウトだったので、見通しがよく、簡単に魚。エビを捕獲できました。そのため、事前に移動させておきました。このため、リセット当日にスムーズに事が進みました。普通の水草レイアウトの場合は、見通しが悪く簡単には捕獲できない時があります。この場合は、レイアウト素材やアヌビアス・ミクロソリウムなどの簡単に動かせる水草を取った後に行うと楽です。

 

IMG_2388

今回は、魚・エビを移動後に素材を取り出しました。風山石にも大量のコケとニューラージパールグラスがひっついていました。後者はいいのですが、前者はなんとも見苦しい・・・。良く洗って次回の使用に備えるべく保管しておきました。上に載ってるポンプのパッケージ等は無視してください(笑)

 

使える水草をキープ後、リセット

 

IMG_2389

次に次回の水槽に向けて、再利用できそうな水草をキープしました。今回はコケが酷かったので、たったこれだけしか採取できませんでした。ヘアーグラスショートは全滅でした。ニューラージパールグラスを少々と、エキノドルス・テネルス・レッドを一株。。。

 

後はソイルと水草を取る だけ

 

IMG_2383

ソイルと水、水草をある程度取ったら、ひっくり返して丸洗いです(*´∀`*) オールガラスとはいえ、60cm水槽はまだまだ軽いので余裕でした。ただ、これ以上のサイズになると一筋縄ではい かないので、残り2つの水槽のリセットを遅らせている要因の一つでも有ります(T_T)

 

出来たスペースは90×45cm・・・

 

IMG_2392

90cm水槽用の水槽台に60cm水槽を載せて、端の余ったスペースは物置にしていたのですが、リセットしたため大きなスペースが生まれました。当然このスペースに何を置くかというと・・・?

コメント

  1. さす より:

    次回なのねw…

    リセットは大変ですけど、なんか満足感がありますね(^ ^)

    • Ling より:

      本文が長くなったので次回です(∀`*ゞ)テヘッ
      リセットは新しい船出で、ワクワクしますよねb

タイトルとURLをコピーしました