スポンサーリンク

080 水槽の立ち上げ方と種水について

スポンサーリンク
メンテナンス方法
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

新しい水槽の立ち上げの紹介をしながら、

水槽の立ち上げ方と種水について書きます。

 

こんばんは!Lingです。

 

いやー、台風の影響を受けました><;

私が住む地域はあまり台風が直撃することはないのですが、

久しぶりに当たったのか、かなり天気が崩れました。

先週の週末は外に行けず、とても暇でした。

 

今日は凸型敷き分けレイアウト水槽の立ち上げの続きです。

前回、化粧砂とソイルを敷き分けたところまで書きました。

079 続・ソイルと砂の敷き分けの維持方法

 

水槽の立ち上げ方と種水

 

まずは一度、水槽のメカニズムをざっと書きます。

(既に知っている方も多いかもしれませんが、)

 

スポンサーリンク

水槽のメカニズムの解説

 

水槽で魚を飼う、それは小さな生態系を作るということです。

魚は水槽内で暮らすわけですから、水を当然汚します。

たとえば、食べ残しや排泄物などですね。

それを綺麗にするのは誰か、人間とバクテリアです。

 

人間は汚れた水を換える、水換えを行って綺麗にします。

しかし、それだけでは上手く行きません。

汚れた水は魚にとって、当然有毒ですが、

その毒性を下げるのバクテリアが必要なのです。

 

例えば、一酸化炭素はよく中毒で新聞を賑わす、

非常に毒性の高い物質です。

空気中に0.1%あるだけで命にかかわるような物質です。

例えば、皆さんご存知の二酸化炭素は、

毒性が問題に成ることはほとんどありません。

しかし、大量にあると危険で、だいたい7%ほどで危ないです。

 

バクテリアは水中の一酸化炭素に当たる物質を、

水中の二酸化炭素に当たる物質に換えてくれるわけです。

バクテリアが居ない場合、水中に毒性の高い物質が溜まり、

魚に悪影響を与えてしまいます。

 

では、水換えを多くすればいいではないか、となりますが、

頻繁な水換えは魚にやはり悪影響を与えます。

環境の大きな変化には魚も弱いですから。

 

で、水換えは出来る限り少なくしたいけど、

それだと毒性の高い物質が溜まる、それを解決するのが、

バクテリアさんたちな訳です。

 

立ち上げ=バクテリアの定着

 

水槽の立ち上げというのは、バクテリアが定着することです。

バクテリアが十分住み着いて、

魚をお迎えする準備ができたということです。

 

立ち上げまでの期間

 

アクアリストそれぞれによってある程度異なりますが、

私は二週間ぐらいで生体を投入しています。

 

種水とは、バクテリアの素

 

しかし、最近は一週間ほどで生体をお迎えしています。

それはなぜか、種水を使っているからです。

 

IMG_1663

アクアリウムの種水とは、調子の良い水槽から水をもらうこと。

写真では、安定している90cm水槽から、水をもらっています。

 

水中のバクテリアにお引っ越ししてもらうわけです。

新規の水槽はほとんどバクテリアが居ない状況ですが、

こうすれば、ある程度は最初からいる状況にできます。

 

また、今回は60cm水槽で使用していたフィルターを、

そのまま使っているのでろ材にもバクテリアが既にいます。

 

勿論、コケや病気が蔓延している水槽から水をもらうのは厳禁!

新規水槽でもコケや病気が流行る恐れがあります。

 

IMG_1679

で、立ち上げた水槽がこちらになります。

まだまだ、水草が育っていませんが、これからに期待ですb

 

まとめ:できるなら、種水を使おう!

 

水槽の立ち上げとは、バクテリアを定着させること。

それから生体を導入することが出来ます。

その促進のためにも、調子の良い水があるなら、

種水として利用しちゃいましょう!

 

↓凸型レイアウト水槽の立ち上げ記事一覧です。

075 ADAのアクアスカイ602を入手!その評価を厳しめで。

079 続・ソイルと砂の敷き分けの維持方法

080 水槽の立ち上げ方と種水について

081 流木を用いた水草レイアウトの構図

良かったら見ていってください(*^^)v

コメント

  1. koba より:

    はじめましてm(__)m
    自分もレイアウト水槽に魅せられて、ちょこちょこやっています。

    現在はアピストの繁殖をしながら、60cm.45cm.30cmキューブ.30cmキューブハイタイプで頑張ってます。

    これから、参考にさせてもらいに来ますので、宜しくお願いしますm(__)m

    • Ling より:

      長期旅行に行っていたため、返信が遅れました><;
      せっかく、コメントを頂いたのに、申し訳ないです。

      アピストの繁殖は私もやってみたいと思っています^^
      レイアウト記事が参考になれば幸いですm(__)m

タイトルとURLをコピーしました