スポンサーリンク

054 60cm水草水槽の照明が一年も経たずに故障

スポンサーリンク
アクア用品
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

60cm水草水槽用の照明に故障が見つかりました。

やはり安物買いの銭失いなのかもしれませんね。

 

こんばんは!Lingです。

 

ノーベル物理学賞がヒッグス粒子関連の研究者に贈られましたね!

私は大学で情報工学を専攻していて、物理学は門外漢ですが、

ヒッグス粒子の発見が物理学の大発見というぐらいはわかります。

今回の受賞は当然の結果ですね(*^_^*)

 

さて、今回は前回の記事の続きです→053 60cm水草水槽の照明を比較してみた

水槽の暗さが気になって、蛍光管を交換したわけですが、

そのとき照明をよく観察すると、二つの故障が見つかりました。

 

プラスチックカバーが熱で変形

 

IMG_1314

前回の記事を見ていて、観察眼に優れる方なら気が付いたかもしれません。

写真に写っている、ニッソーのクリアライトCL632のプラスチックカバーが変形しています。

 

IMG_1322

プラスチックカバーを外して、床においてみるとよくわかると思います。

ありえない形に、熱で変形してしまっていますね(;´∀`)

ニッソーのクリアライトCL632は安くてコスパが良い商品だと思っていました。

しかし、コストを削った代わりに熱対策が疎かになっているようです。

 

熱で変形しているのはプラスチックカバーだけで、

本体は影響が無いようで、普通に点灯できます。

 

元々、照明の光の確保のため、水跳ねもあまりないので、

プラスチックカバーを外して使用しようと思っていました。

ですから、こちらはまだ許容範囲内です。

 

インバーター式ではないとはいえ、60cm水槽用照明のほぼ最底値ですからね。

安い分、仕方がないのかもしれません。

 

本体自体が熱で変形

 

IMG_1323

わかりますでしょうか、上においた、シルバー色の照明が反り返ってしまっています。

 

プラスチックカバーだけが熱で変形した、ニッソーのクリアライトCL632と違い、

本体自体が変形している、ニッソーのフラットインバーターライト600ガンメタルです。

インバーター式で5000円前後と破格の値段で、

さらに薄型とデザインはいいのですが、さすがにこれは・・・(;´∀`)

 

インターネットで、「フラットインバーター」と検索すると、

故障が多いという話をよく聞きます。

その故障はこの変形が原因ではないでしょうかね。

まだ使用はできますが、そのうち変形が酷くなって点灯しなくなりそうです。

ちなみに、これらの照明は一年も使用していません。

 

ニッソーの照明を使用している方、購入しようとしている方は、

気をつけてください(;´∀`)

 

過去の参考記事→053 60cm水草水槽の照明を比較してみた

コメント

  1. […] →054 60cm水草水槽の照明が故障していた […]

タイトルとURLをコピーしました