スポンサーリンク

051 ソイルと化粧砂の敷き分けを維持するコツ

スポンサーリンク
レイアウト方法
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

低床の敷き分けが昨今流行っています。

維持のためのコツを紹介します。

 

おはようございます!Lingです。

 

先日、アクセス解析をしていて気が付いたことがあります。

スマホからのアクセスが半分近くもあるということです。

このブログもスマホ対応の必要に迫られていますね^^;

 

さて、今日は低床の敷き分けの維持のコツを紹介します。

最近、化粧砂とソイルを敷き分けるレイアウトが流行っていますよね。

化粧砂を道のように敷いて、奥行き感を出すというものです。

私もその手法を真似して水槽を立ち上げました。

 

過去の参考記事

030 ソイルと砂の敷き分け

031 アクアリウムの低床

 

ソイルと化粧砂の敷き分け

 

IMG_3013

何も考えずに、単に石を使って低床を敷き分けると、

このように土留めの石の隙間からソイルが溢れてきてしまいます。

 

IMG_3042

放っておくと、次第に化粧砂と混ざって見苦しい景観になってしまいます。

一個ずつ自分で拾うしか無いのですが、次々と溢れてきて、

メンテナンスが非常に大変になってしまいます(;´∀`)

 

土留めとして鉢底ネットを使う

 

IMG_3094

そこで、今回提案するのは鉢底ネットです。

園芸で、鉢植えの底の水抜き用の穴から、

土が零れないようにするために使用するネットですね。

 

ホームセンター等で見た目通りの安い値段で売っています。

 

IMG_3096

それを、ソイルや化粧砂の高さに合わせて切ります。

細いプラスチックなので、はさみで簡単に切ることができ、加工も楽です。

 

私の水槽では、始めは高さを5cmの三分割して切ったのですが、細すぎました。

写真のネットだと、2分割の高さ7cmくらいが丁度良かったです。

もしくは、ソイルの高さに寄っては、もっと太く切っても良いでしょう。

 

IMG_3102

それを、低床の境目に挿入します。

さすがに、完全に溢れるソイルをシャットアウトすることはできませんが、

かなり溢れるのを防ぐことができます。

 

IMG_3106

これが、作業後すぐの90cm敷き分け湧き水水槽です。

 

二週間後・・・

 

IMG_3330

二週間後の様子ですが、いくつかソイルを拾ったとはいえ、

かなりきれいな状態を保てています。

 

ソイルと化粧砂を敷き分けることで、レイアウトに奥行きが出てきます。

また、化粧砂を使うことで、コリドラスなど低層魚を飼うこともできます。

 

低床の敷き分けレイアウトは非常にオススメなのですが、

その時にこのテクニックも一緒に使うことをオススメします(^o^)丿

 

過去の参考記事

030 ソイルと砂の敷き分け

031 アクアリウムの低床

コメント

  1. Yossy より:

    この方法は岩組みの際に積み上げた岩からソイルを漏れ出すのも防げますね~
    白い化粧砂の難点はこれと苔やう○ちの汚れが目立つことですね。

    • Ling より:

      90cm水槽の化粧砂は完全な白ではないで、
      真っ白なものよりは目立たないです。
      とはいえ、完全に目立たないわけではないので、
      何とかしたい所です><;

  2. さす より:

    私は底にそのネットを使ってます。
    何層かにした時に浮き上がって混ざらないように・・・

    やっぱり、化粧砂でもソイルの部分が欲しい派ですか?w・・・わたしはそうなのです。

    • Ling より:

      底にひくという使い方もありますよね~。
      鉢底ネットはとても便利です(笑)

      ちなみに、私はレイアウトに遠近感を持たせるためと、
      コリドラスを水草水槽で泳がすために、
      ソイルと化粧砂を使っています^^b

  3. moomin より:

    はじめましてぇ
    化粧砂と低床の敷き分けと聞いて・・・

    私は今の水槽で・・・それはそれはソイルが化粧砂に漏れてしまって大変でした(-_-;)
    今度機会があったらネットをしようと思います^^

    が・・・レイコン上位の人を見ると、段差なく化粧砂から前景草に移行していく水槽が多いですよね??
    あれってどうやっているんでしょうか・・・

    • Ling より:

      はじめまして!

      レイコンの作品は、水草が完成して、
      最後の最後に化粧砂を流し込んでいるのかもしれないです。
      それだと、化粧砂の維持を考えなくてもいいですから。

      もしかしたら、毎日地道にとっているのかもしれませんが(笑)

  4. […] 前回の記事の写真を見て、アレッと思った方も居るかもしれません。 […]

  5. moomin より:

    おぉぉぉ~~~
    ・・・・
    そういうことですかぁ~~
    じゃ~・・・・あの感じは維持は難しいんですね~
    ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました