スポンサーリンク

024 高価なテクニカインバーターライトを使う3つの理由

スポンサーリンク
アクア用品
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

90cm水槽の照明には、テクニカインバータライトを選択しました。

その理由を3つ説明します。

 

こんばんは!Lingです。

90cm水槽立ちあげシリーズはまだまだあるので、更新頻度を高めていきますよー!お見逃しなく!

 

まずは照明の開封

 

先日の記事の写真の中にもちらっと写っていた荷物。

 

IMG_2582

 

この細長い巨大なダンボールの中には何が・・・?

 

IMG_2583

 

はい!テクニカ インバーターライト90(4灯式)です。

アクアリウム用照明のいわゆるハイエンドモデルです!

照明は前にも書いた通り非常に悩んだのですが、結局これにしました。

 

値段は3万円強と少し高いですが、買う価値は十分にあります。

その理由は3つあります。

 

1,18W蛍光灯を使用

IMG_2585

 

普通の90cm用照明は32W蛍光灯、もしくはメーカー専用品を使います。

 

しかし、このテクニカインバータライト90(4灯式)は文字通り、18W蛍光灯を使用します。

32W蛍光灯はあまり市場では一般的ではないのか、種類も少なく、2500円/本ほどの値段です。

 

また、メーカー専用品は競争相手が居ないせいか基本的に高いです。

これらの蛍光灯を照明一個分替えようと思ったら10,000円もしたりすることもあります。

 

しかし、18Wは普及していて種類も多く、まあまあのものが800円/本ほどで買えてしまいます。

蛍光灯は半年~一年で替える消耗品ですから、ランニングコストは低く抑えたい所。

このテクニカインバータライト90(4灯式)なら4本×800円/本としても3,200円と格安です。

 

2,90cm水槽用の照明の品揃え

 

次に、そもそも90cm水槽用の照明のラインナップはどうなっているのかということですね。

最低でもインバータライトを買うとしても、90cm用はだいたい25,000円ほどになります。

とすると、そこからテクニカインバータライトにレベルアップしても、そこまでではないかなという感じがします。

1に書いた通り、2年ほどで10,000円ほどなら帰ってきます。

 

3,他社商品に比べて2倍の明るさ

 

使用してみない限りわかりにくいでのすが、テクニカ社によると、他社製品と比べて2倍の明るさだそうです。

インバータ基板に反射板、蛍光灯の効果のようです。

ただ、蛍光灯を高価なテクニカ社とは別のものに交換すると、光量は落ちるでしょう。

2倍とまでは行かないでしょうが、実際に点けてみて、かなり他の商品に比べて明るいです。

 

IMG_2587

 

この状態から点灯すると・・・?

 

IMG_2589

 

いかがでしょうか!ちょっとわかりにくいですね!(爆

 

色々書きましたが、しばらく使ってまたレビュー記事を書こうと思います。

一番大事なのは水草の成長ですからね!

 

最後までありがとうございましたm(__)m

 

「楽天アプリケーションID」もしくは「楽天アフィリエイトID」が設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。

 

90cm水槽立ちあげシリーズ

022 水槽台の設置

023 バックスクリーンの貼り付け

024 テクニカを使う3つの理由

025 エーハイム2213とVX-75の比較

026 ろ材はエーハイムメック

027 レイアウト水槽とコリドラス飼育の両立

028 水草レイアウトの作り方

029 湧き水レイアウトを作る

030 ソイルと砂の敷き分け

031 アクアリウムの低床

032 陰性植物の渋み

033 美しい茂み、有茎草

034 90cm水槽立ちあげ、完結

タイトルとURLをコピーしました