スポンサーリンク

おしゃれなレイアウト水槽のセットに必要なもの、水槽台など

スポンサーリンク
アクア用品
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

 小型の水草レイアウト水槽のセットのために必要なものをリスト化しました。水槽台から~フィルター、他にも色々あります。

水槽台

 文字通り水槽をセットする台です。水槽は水やソイルなどを入れるため、60cm水槽でも約50~100kgになります。専用の丈夫な台を利用するのが無難です。写真では、骨組みタイプの水槽台に90×45cmのぴったりなサイズの合板を敷いて設置しました。ホームセンターで1000円弱で購入しました。

 今回は骨組みタイプで水槽を2段に置けるものを使用していますが、キャビネットタイプもおすすめです。アクア用品などを収納して、見栄え良くすることができます。

水槽とアクセサリ

水槽

 重要なのはサイズで、60cm規格水槽が一番おすすめです。90cm水槽以上の場合、重量と大きさから一人で設置するのは非常に大変です。60cm規格水槽であれば、女性でも設置や管理ができるレベルになります。なお、各メーカーから水槽が販売されていますが、どれも品質に差はありません。

水槽用マット

 水槽は前述の通り重量があるため、底面のガラスやガラスの接着部などに負荷がかかります。最悪の場合は水漏れや水槽の破損に繋がります。負荷を軽減するのが水槽用マットですが、安価なものなのでとりあえず敷いておくのが無難だと思います。

ガラス蓋、蓋受け

 ガラス蓋はあったほうが良いですね。熱帯魚の飛び出しや、水の蒸発を抑えられます。蓋をせずに、開放的なオープンアクアリウムにする手法もあるので好みです。その場合は飛び出しにくい熱帯魚を入れて、水位を下げるようにしましょう。なお、ガラス蓋を使用する場合、オールガラス水槽では蓋受けが必要です。水槽とガラス蓋、蓋受けはセットになっているときが多いですが、確認して無い場合は追加で買いましょう。

バックスクリーン

 バックスクリーンを貼らない場合は開放感が生まれますが、貼ることで水景が締まるのも事実です。バックスクリーンを既に貼ってある水槽を買うのも手ですが、お金がかかるのと、大した手間でもないと思うので自分で貼るのも一つの選択です。以下、実際に貼った時の流れを紹介します。

ガラス面の掃除

 まずは表面の汚れなどを落とします。水に台所用の中性洗剤を少し混ぜた溶液を、霧吹きで吹きかけます。次にゴムヘラで表面を撫でるように埃など落としていきます。

バックスクリーンの貼付け

 綺麗にした所で、いよいよ貼り付けます。まずは、先と同様に霧吹きで濡らします。そして貼り付けていきます。皺になったところは手で引っ張って、ある程度綺麗に乗るようにします。

気泡を抜く

 さて、気泡が入っているのは避けられないので、これを抜いていきます。また、霧吹きで表面を濡らします。ゴムヘラで中心から端に向かって擦って気泡を抜いていくわけですが、その時に滑りを良くするために濡らすわけですね。

仕上げ

 最後に、はみ出たシートをカッターナイフで削ぎ落としていきます。ぞりぞり・・・。水槽の角は直角になっているわけではなく、斜めの面があるのでそれにそってカッターナイフを沿わすとうまく切れました。

ソイル

プラチナソイルと他を性能から値段まで比較!おすすめの種類は?
水槽で使用するソイルですが、プラチナソイル(ブラック)やその他の種類を比較します。

照明

60cm~90cm水槽におすすめの照明・LEDと明るさや色温度
LEDと蛍光灯、メタハラの比較と、おすすめの照明について明るさや色温度について解説します。

フィルターとろ材

エーハイム2213とテトラVX-75、水槽のフィルター徹底比較
60cm水槽用の外部フィルターのエーハイム2213とテトラのVX-75を7点から比較しました。
水槽の外部フィルターにおすすめのろ材とその寿命、洗い方
水槽の外部フィルター向けのおすすめのろ材やその寿命、洗い方、入れる順番を説明します。

エアレーション

 夜間、水草は光合成を行わないので、水草の有無に関わらず酸素を送ることが必要になります。私は静かと評判の水心を使用しています。流量を絞ればそれなりに静かですが、フルパワーで稼働させると稼働音は大きいです。水槽台がキャビネット型の場合、中に入れてしまえば音の大部分を抑えることができます。なお、水の逆流による故障を防ぐために、逆止弁を挟むようにしましょう。

CO2

耐圧/エアチューブ、逆止弁

 耐圧チューブとゴムチューブはCO2の管です。品質は差が無く安価なもので良いと思います。逆止弁は水や空気の逆流を防ぐためのものです。また、CO2用の耐圧/エアチューブの境目に利用できます。ボンベ~逆止弁は耐圧チューブ、逆止弁~水槽はエアチューブが良いと思います。なお、エアチューブはエアレーションにも使用できるため、余っている場合は使いまわしてもOKです。写真では、黒チューブが耐圧チューブ、透明なチューブがエアチューブになります。

CO2ボンベ

 CO2添加のために、小型のボンベか大型ボンベ、通称ミドボンを使用します。小型ボンベは手軽ですが、維持費は圧倒的にミドボンのほうが安いです。水草レイアウトをやっていると最終的にはミドボンに行き着きます。最初だけ小型ボンベで、慣れてきたら大型ボンベに移行するという手もあります。

レギュレータ、電磁弁

 レギュレータはCO2を減圧するためのものです。CO2ボンベ内は高圧の二酸化炭素が入っており、そのままでは使用できないので、レギュレータで圧力を調整するわけですね。電磁弁はCO2添加のON/OFFをタイマーで切り替えるためのものです。通電すると弁が開き、タイマーで電源をOFFにすると弁が閉じます。電磁弁がない場合、手動でCO2のON/OFFを切り替える必要があります。

 上のボンベの写真で、ボンベに取り付けている&二又配管の手前にある、銀色の器具がレギュレータになります。ちなみに、小型ボンベ用と大型ボンベ(ミドボン)用で違います。また、画面下端&二又配管先にあるものが電磁弁です。

スピードコントローラー

 スピードコントローラーはCO2の流量調整を行うためのものです。複数の水槽にCO2を供給するために分岐するときは、写真のように各々に付ける必要があります。

カウンターとCO2拡散器

 CO2経路の末端には、CO2の流量を目視で確認するためのカウンターを接続します。1分で○滴のように、気泡の出方を見て調整します。注意が必要なのは、カウンターで気泡の大きさが統一されていなくて、種類が違えば同じ1分で○滴でも量が異なります。

 拡散器はCO2を水槽内に拡散するためのもので、私はフィルターホースに付けるタイプを使用しています。写真奥のCO2マスターアドバンスというものです。水槽内に設置するタイプと比較して、水槽の中のものが減ってスッキリします。掃除をしないと1~2年で汚れで詰まってしまうのと、思ったより高く3000円前後するのが短所です。

熱帯魚、水草、レイアウト素材

  熱帯魚や水草、レイアウト素材(流木や石など)が、他にも必要になります。自分の作りたい水景に合わせて、購入するようにしましょう。

その他(カルキ抜き、餌、肥料)

 カルキ抜きは、水道水の塩素を中和するためのもので必須です。水槽内のエラ呼吸する熱帯魚やバクテリアは、塩素に弱いため必ず中和しましょう。また、熱帯魚に合わせた餌や、水草のための肥料なども必要に応じて購入する必要があります。

コメント

  1. さす より:

    ん?・・・画像を見るとほとんど揃っているように見えてしまう・・・

    私は照明は、蛍光灯派で、ソイルはいろいろ試したい派w
    でも、今の流行ってサンドですよね。。。ソイルが好きなんだけど。

    • Ling より:

      だいたい揃っているのですが、
      一番お金のかかる照明と低床がまだなのです><;

      この二つは私も色々使用してみたいのですが、
      今回は蛍光灯で低床は上記3種のどれかにしようと思っています^^

  2. kotori より:

    私はソイル2種類混ぜて使ってます。
    それにしても、ソイルって高いやつと安いやつではだいぶ違ってくるんですね・・・
    アクアスカイしか知らないのでアレなんですが、成長はいいと思います~コケもばっちり育ちます♪
    画像で見ると、蛍光灯の方がなんだか綺麗に見えるんですよね~(笑)

    • Ling より:

      2種混合ですか~。
      私もアマゾニアと何か吸着系を混ぜようかと考えています。

      照明ですが、最近はLEDの性能も上がっているようですね。
      私も蛍光灯のほうがいいかな-と感じていますが(笑)

  3. こんばんわ~!
    90cm水槽なんて凄いっス(>_<)
    しかしアクアのコストは半端じゃないですよね( ;´Д`)
    僕は嫁さんにめっちゃ文句言われます(´・_・`)
    立ち上げ楽しみにしています(^^)

    • Ling より:

      ありがとうございます!
      90cmにしたら更にお金がかかりますよw
      私も薄い財布にいつも文句を言われています(´;ω;`)ブワッ

  4. 水玉草 より:

    たしか前のアクアジャーナルにソイル比較の記事があったような…?
    私は水草一番サンドで全然不満はないですが、やっぱりアマゾニア使ってみたいな~という気持ちもあったりします。
    ほんとお財布との相談ですよね。
    立ち上げ楽しみですね。

    • Ling より:

      ありがとうございます!

      アクアジャーナルは読んでみたいのですが、
      その記事は気になります!
      私もアマゾニアを使ってみたいのです!
      けれども、本当に最期は使えるお金次第です(T_T)

  5. あまとう より:

    こんにちは。
    カミハタのインバータライト90高いですね~
    蛍光灯やメタハラは、ランニングコストもかかりますが、夏場の熱対策も
    必要になるんですよね。
    最近は、LEDも良くなっていますし、検討されてはどうでしょうか?
    90cmだと、ゼンスイの2LINEが良いかもしれないですね。
    結構明るいと評判の様です。

    ソイルは、長期維持が出来なく1年程度ですからね~悩みますよね。
    高いソイルを買って、手間かけず育成するか、安いソイルを買って、底床
    肥料を追加する等、手間かけて育成するか、どちらかになりますよね(^^;

    私は、安いのにしました(笑)
    チャームで扱っている サプリソイル 8L 1800円ぐらいです。

    • Ling より:

      熱対策ですか・・・完全に忘れていました\(^o^)/オワタ
      今回は蛍光灯を使用しようと思うのですが、
      夏場をどうするか少し考える必要がありそうです^^;
      ただ、次買うときはLEDも候補に入れますね!

      ソイルは私も安いものになりそうです(笑)
      サプリソイルもよさそうですね~。
      候補が増えそうですw

タイトルとURLをコピーしました