スポンサーリンク

013 水草水槽の四回目のトリミングを実施しました!

スポンサーリンク
メンテナンス方法
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

水槽の四回目のトリミングを行いました!

水草たちをもっと成長してね、という思いを込めながら切ります。

 

 

こんにちは、Lingです!

2月は時間が余るほどだったのですが、3月に入り急に忙しくなりました・・・。

コメント返信、更新が滞るかもしれませんが、申し訳ありません><;

 

少し前にトリミング&メンテナンスをしました。

 

IMG_1484

 

ご覧のとおり、後景のロタラ・インディカ(たぶん)とラージマヤカ(たぶん)が繁茂して、

まるでジャングルを彷彿させる水景となっております。

また、そのせいで水槽の暗い部分があるため、

成長の促進を兼ねてトリミングの実行をすることにしました。

 

この水槽は60cm規格水槽なのですが、トリミングはだいたい二週間ごとにしています。

それぐらいで、ロタラが水面に到達してしまうので・・・。

皆さんのところはどのくらいの周期でやってますでしょうか?

 

IMG_1487

さて、遠慮無くざっくざく切ります・・・。

ロタラがこんなに・・・。

 

IMG_1488

 

ラージマヤカもこんなに・・・。

 

IMG_1500

 

切った後は、差し戻しタイムです。

私の仕事は基本的に荒いので(笑)、こんな感じで10本づつ束にして、

指で適当にぶすぶす水槽に挿していきます。

 

ついでに、中景として植えていたドラセナも撤去しました。

コケが酷いのと、あまり水槽で育てる草ではないというアドバイスを多々頂いたので・・・。

 

IMG_1490

 

また、Yossyさんに、ミクロソリウムは流木などに活着させたほうが成長が良い、

とのアドバイスを頂いたので、先週に活着させてみたミクロソリウムです。

今週確かめてみたら、いつの間にか根が気に巻き付いています。

もうしばらくしたら、ビニールタイは不要になりそうですね♪

それにしても植物ってすごいですね、勝手に巻付いて行くなんて。

 

IMG_1514

 

・・・結果こうなりました。

水面に浮かんでいる水草の切れ端は気にしないでください。

私の仕事は荒いので、放置です(笑)

 

どうでしょう、だいぶスッキリしました。

そして、また二週間後にはより一層密生ジャングルになってるはずです。

また、水槽上部の空間を確保したことでレイアウトに広がりが・・・簡単には生まれないですね\(^o^)/

レイアウト道は簡単に極められるものではないです・・・。

 

さて、次はこのメンテナンス中に発見した問題を語ろうと思います。

アクアリウムは、なかなかうまくいかないですね(T_T)

コメント

  1. Yossy より:

    トリミングするとかなりすっきりしますね。
    右後ろの流木をセンターに持ってきて凹型に前傾の広場を広げると奥行き感が出ますよ~

    • Ling より:

      なるほどー、頭のなかでシュミレートしてみましたが(笑)、
      流木を中央にして広場を広げると良くなりそうですね!
      最近、少しレイアウト変更したくなってきたので、近くやってみようかと思います!

  2. こんばんは。
    凄いモサモサぶりでしたね。
    トリミングしてスッキリして良かったですよ。
    10本束とは恐れ入ります。
    活着系の水草は勝手にくっついてくれるのがすごいと思います。
    水草って面白いですね。

    • Ling より:

      切り揃えてもすぐに繁茂してくるのですけどね(笑)
      本当に水草、ひいては自然って凄いと思います・・・。

  3. naturetaro より:

    有茎は成長しだしたら早いですよね〜。すぐ水面に到達してしまいますよね。僕も二週間に一回ぐらいやったと思います。僕も結構雑です笑

    • Ling より:

      有茎の成長の爆速っぷりは凄いですよね~。
      それにしても、雑なのは私だけではなくてよかったですw

  4. SUS より:

    私も仕事で忙しくてブログ放置してました(^ ^;)・・まっ、そういう時もありますね。

    私は有茎草だと二週間に一回・・・たまに一週間に一回トリミングしてます。
    私もザクザクカットして、たまにブスブス差し戻しです。

    • Ling より:

      なんだかんだいって、ブログ放置してしまう時ってありますよね!
      あるはずです!(笑)

      毎月、毎週の作業ですから手早く済ませたいですよね・・・。

タイトルとURLをコピーしました