スポンサーリンク

004 60cm水槽の紹介 アカヒレ編

スポンサーリンク
熱帯魚
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

こんばんは、Lingです。

今日は昨日の続きで、魚を紹介していこうと思います。

 

昨日のテトラに続いて、上中層を泳ぐ魚、アカヒレです。IMG_1222

 

・・・小さいせいか、泳ぎが多いせいか上手く取れないです(涙

こいつは、安価な熱帯魚の代表格でしょうか。

そのため、よくパイロットフィッシュとして用いられるそうですね。

私も、当初はそのような経緯で購入しました。

 

ところが、ヒレが赤く綺麗なのは当然として、綺麗な体色をしているなと最近思うようになりました。

泳いでいる時に、光を反射して鈍く赤色に光ったりするのが非常に好みです。

 

ただ、安いことへの甘えがあったのか、多くのアカヒレたちを犠牲にしてしまいました。

買ったときは10匹居ましたが、現在華麗な姿を見せてくれるのは5匹しかいません。

一匹は前述のテトラに襲われて、尾ビレをごっそり根本から食べられ☆に。

同じ時期に何匹か、軽くヒレをかじられている個体も居ました…

残りの四匹は、とある事情で(またブログで書きます)バケツに退避させていた所、

水が多かったのが原因か、次々と天国へと飛び出して行きました。

 

確かに、この水槽内では一、二を争う安さです。

けれども、水槽でキラリと光る非常に素敵な魚だと思っています。

私も他の少し高価な魚たちと同様の扱いをするつもりです。

皆さんも、できれば大事にしてほしいなと思っています。

 

また余談ですが、アカヒレの魅力についてはアクアライフ2012年10月号で特集されています。

もし興味がありましたら、10月号を手にとって見て下さい。

貴方はアカヒレを飼育したくなる・・・かも知れません。

 

このペースだと、一日一種類ずつになりそうですね(笑)

それでは、おやすみなさい。

 

↓よろしければ、ポチッとお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

コメント

  1. こんにちは。
    はじめまして、訪問、コメントありがとうございました。
    Lingさんも同じ60cmなんですね。
    しかもスタートからミドボン導入してすごいですね。
    私はいまだに考え中ですよ(笑)
    アカヒレの尾は飼い込めば込むほど赤みが深くなる魚ですね。
    固体が小さいので襲われてしまうのですかね。
    混永させて初めて分かることも多いでしょう。
    これからもお互い頑張っていきましょう。
    リンクさせていただきますのでよろしくお願いします。

    • Ling より:

      こちらこそよろしくお願いします!

      私は、90cm水槽のような大きな水槽を使ったり、
      複数の水槽を持ってみたいなと思ったので、
      将来を見越して最初からミドボンを導入しました。
      ただ、60cm水槽一本でいくつもりならミドボンは
      仰々しいかもしれないですね(;´∀`)

      リンクですか?
      相互リンクでしょうか…とりあえず、よろしくという意味を込めて、
      ブックマーク第一号として貼らせて頂きました(笑)
      よろしくです!

タイトルとURLをコピーしました